iOSとAndroidあなたはどっち派?

私が感じるところでは、AndroidよりもiOSの方が優位!ただ一点を除いては

私の持っているAndroidスマートフォンと同僚などが使っているiPhoneを比較すると、iPhoneの方が利便性が高い様に思います。隣の芝生は良く見える的なものかもしれませんが、自前のiPadを触っていても感じます。

 

まず目に見えて明らかなのがバッテリーの持ち。私のスマートフォンが多少古い+LTE対応というのも一つの原因かもしれませんが、私のスマートフォンは使っていると5時間くらいしか持ちません。全くつかっていなくても8時間後にはバッテリーが落ちてしまいます><

 

 

iPhoneはというと、シリーズにもよりますが、iPhone 5などは夜通し放置していても半分も減っていないというから羨ましい。

 

 

その他、iOSは良くか悪くか規格・画面サイズが統一されているので、アプリを作成する上でも規格に合わせればどのシリーズでも動作しますが、Androidは各社で画面サイズが違ったり、解釈が違ったりするためアプリによっては正常な動作、見栄えが保てなかったりするためユーザーとしては辛いところです。

 

 

ただ、各種データの入れ込みはandroidの方が遥かにしやすいです。androidは基本的にUSBのように使う事ができるのでパソコンと接続して認識させれば対応していないデータフォーマットのものも保存することができます。保存後、データが対応していればandroidで見たり、聴いたりすることができますし、対応していなければ少なくとも持ち運びはできます。

 

 

対してiOSの場合はiTunesと同期してデータを移したり、クラウドストレージ系のアプリから引き込んだりしますが、対応フォーマットでなければ簡単には保存させてくれません。

 

 

また、普段iTuensと同期しているパソコンならばいいですが、そうでない場合はiTunesをインストールしたり、認識させる上で注意しなければならない場面があったり(失敗するとデータが消えてしまったり)します。そのため、データの扱いに関してはAndroidに軍配かなぁと思います。

 

 

ネットの速度なんかは回線によって決まるから変わらないですよね。wimaxかワイモバイルかどちらかを利用すれば高速でつなぐことができるようになります。

 

参考:wimax比較

 

 

最近ではwimaxのほうが人気があるみたいですね。

私が感じるところでは、AndroidよりもiOSの方が優位!ただ一点を除いては

私の持っているAndroidスマートフォンと同僚などが使っているiPhoneを比較すると、iPhoneの方が利便性が高い様に思います。隣の芝生は良く見える的なものかもしれませんが、自前のiPadを触っていても感じます。

 

まず目に見えて明らかなのがバッテリーの持ち。私のスマートフォンが多少古い+LTE対応というのも一つの原因かもしれませんが、私のスマートフォンは使っていると5時間くらいしか持ちません。全くつかっていなくても8時間後にはバッテリーが落ちてしまいます><

 

 

iPhoneはというと、シリーズにもよりますが、iPhone 5などは夜通し放置していても半分も減っていないというから羨ましい。

 

 

その他、iOSは良くか悪くか規格・画面サイズが統一されているので、アプリを作成する上でも規格に合わせればどのシリーズでも動作しますが、Androidは各社で画面サイズが違ったり、解釈が違ったりするためアプリによっては正常な動作、見栄えが保てなかったりするためユーザーとしては辛いところです。

 

 

ただ、各種データの入れ込みはandroidの方が遥かにしやすいです。androidは基本的にUSBのように使う事ができるのでパソコンと接続して認識させれば対応していないデータフォーマットのものも保存することができます。保存後、データが対応していればandroidで見たり、聴いたりすることができますし、対応していなければ少なくとも持ち運びはできます。

 

 

対してiOSの場合はiTunesと同期してデータを移したり、クラウドストレージ系のアプリから引き込んだりしますが、対応フォーマットでなければ簡単には保存させてくれません。

 

 

また、普段iTuensと同期しているパソコンならばいいですが、そうでない場合はiTunesをインストールしたり、認識させる上で注意しなければならない場面があったり(失敗するとデータが消えてしまったり)します。そのため、データの扱いに関してはAndroidに軍配かなぁと思います。

 

 

ネットの速度なんかは回線によって決まるから変わらないですよね。wimaxかワイモバイルかどちらかを利用すれば高速でつなぐことができるようになります。

 

参考:wimax比較

 

 

最近ではwimaxのほうが人気があるみたいですね。

2020年に東京オリンピックが決まり、日本中、特に東京では熱気とともにその準備も続々と開始されています。

 

そして、オリンピックが開催されるということは前々から言われている訪日者のための通信事情の悪さを改善しなければ、オリンピックの楽しみも半減するし、日本の良さをサピールする点でも汚点を残す結果になってしまいます。

 

 

FREE Wi-Fi スポットも少しずつですが飲食店を中心に増えてきているものの、まだまだどこに入ってもという状況ではないですし、さらにFREE Wi-Fi スポットが安全なものでなければなりません。

 

 

現状ではまだまだ暗号化のかけられていないものが飛んでいたりするのでこういったところの整備も必要です。

 

 

ただ、少し前に比べて格安SIMの提供は広がっているので、FREE Wi-Fi スポットというその場所での利用ではなく、広域で使いたいというニーズが大きければこの分野が拡大することで不満を吸収して行ける様に思います。

 

 

ニーズの調査も必要ですが、1日単位の契約なのか、月単位なのか、従量制のほうがいいのかなど、利用スタイルは人それぞれだけにいかに使い勝手が良く、かつ提供者が説明できるのかがポイントになってきそうです。

 

 

あとはまぁ、より安価に提供できれば言う事はないんでしょうけど(笑
オリンピックはその国をアピールする場でもあるので、通信事情の良さという点で日本国として取り組んで行く必要があるのだろうと思います。

 

 

ただ、FREE Wi-Fi スポットや格安SIMでのサービスが拡充されると大手携帯会社や通信事業者の収益が吸い取られてしまうので、通信事業者の協力なくしてなりたたないものでもあるだけに、どこを落としどころにして効用を最大化できるかがポイントになりそうですね。

続きを読む≫ 2014/11/02 20:21:02

Microsoftがハードウェアの製造に乗り出したという事で注目されたSurface。
最近はTV CMも結構目にする機会が増えてきて、CMを見てると所有欲がそそられる面もあります。軽量でタブレットとしても、スタイルとしてはノートパソコンとしても使えるWindowsなので利便性は高そうに見えます。

 

 

ただ、第一の乗り換え障壁はベースがWindows 8であること。Windows 8が出現した当初、モダンUIを搭載したWindows 8はこれまでの使い方から大きく変わってしまっているので既存ユーザーとしては使いづらさが先行してしまいます。

 

 

シャットダウン一つとっても見た目上隠されたところにあるので終了しづらい。おかげで私はバッチファイルでシャットダウン用のファイルをデスクトップに置くようになってしまいました(笑 これが悪い印象を与えているように思います。

 

 

つまりはハードウエアとソフトウェアの不一致。ユーザーインターフェースが悪いと使う側からすると苦痛でしかありません><

 

 

そして、第二の障壁はsurfaceの搭載OSがWindows 8とは似て非なるものであるということでしょう。

 

 

見た目はWindows 8にそっくりですが中身は大きく違っており、既存Windowsのアプリケーションがインストールできないのは厳しい!インストールできるのは「ストア」によって提供されているものなので、使っていたアプリケーションが「ストア」に対応してくれるのを待たなければなりません。

 

 

また、それがシェアウェアだったら新たに購入する必要も出てきます。
テキストエディタ一つでも使い勝手がありますから、既存の物が使えないというのはユーザーとしてはかなり利用が制限されてしまうので、購入に二の足を踏んでしまいます。

 

 

このように見て行くとSurfaceを購入する意欲はだんだん減って行くんですが、ただそれはSurfaceをノートパソコンとしてがっつり使おうとした場合。

 

 

タブレットとして使う場合にはモダンUIは有用でしょうし、Officeアプリケーションも使えるので、使用価値はそこそこあるように思います。ただ思うのは、もうちょっと的を絞ったユーザーインターフェースにしてもよかったのかな、というところでしょうか。Windows 8含め。

続きを読む≫ 2014/10/27 19:02:27